アロハの桜咲く国

OSK日本歌劇団を全力応援!

*

【OSK】海神別荘/STORM of APPLAUSE@京都南座観劇レポ①

   

P_20190713_180617

OSK日本歌劇団『海神別荘/STORM of APPLAUSE』初日・2日目に行ってきました!

遠征組なので、マチソワ4連続詰め込みです( ;∀;)

京都…15年ぶりくらいか?京都駅は観光客であふれて活気がありますね♪

初日の10:15~の南座前で行われるイベントを観たかったのですが、とにかくエントランススペースが狭くてチラ見しかできず。

桐生さん&城月さんのビジュアルは事前イベントで知っていたけど、その他の演者さんのビジュアルがチラシで観てた世界観と違うことに衝撃。

みんな唇青黒いー!!( ;∀;)あのチラシに出てきた人々はいずこへ…

お芝居『海神別荘』※ネタバレあり

ディズニー『リトルマーメイド』の世界観

幕が上がったら(上がる前から?)そこは海の世界。リトルマーメイドの世界観。

セットが凝っていて予算がかかっているなあ♡と期待が高まります。

海神に仕える腰元ではここちゃん&ももちゃんがリーダー?双子設定の模様。

楊さんはロン毛&青いリップが違和感なく馴染みますね。しみじみ…イケメンだ…

そして桐生公子登場ー!!

あの踏んだら悶絶しそうな冠、膝をお守りするホタテ、革素材系ボディースーツのフォルムの美しさ。

少し若め設定の声がまた、青年らしさが感じられて新鮮です。

トート閣下チェアのホワイト版のような椅子に腰かける姿がとっても素敵♡

海の御殿…その後のポップな場面では、虹架博士のコミカルな存在感が光ります。

虹架先輩、ショーで見せる大人な雰囲気との振れ幅の大きさがさすがです。

黒潮騎士団

そして海の治安を守る黒潮騎士団のリーダーは愛瀬さん。

凛々しい黒い制服と槍?がカッコイイ。個人的に入団するならぜひ黒潮の方に…(*´▽`*)

そして、そして、『美女』という役名に満場一致で納得の城月れいちゃんが登場!

見ごたえのある登場シーンには、毎回新鮮な驚きが!神秘的なムードです。

OSKさんは花道の使い方上手だなあ…(*´▽`*)

そして、美女を先導する女房役の白藤麗華ちゃん…こちら…ベスト of 世界観賞を差し上げたい。

ファンタジーワールドにグっとリアリティーを出す芝居心が最高!!

赤鮫チーム

そして登場の仕方的に『あ…このチームは恐らく…すぐにやられてしまう…( ;∀;)』と予測がつく華月さん率いる赤鮫チーム。

全員ちょっとラリってる感じがなんとも言えません。なんか何かと内輪揉めが多そうなグループだな…赤鮫…

それにしても華月さんのジャンプ力。あんなにジャンプできたら毎日楽しそうだ。。

うん、でも…まあ…桐生公子…ガシガシ倒しますよね…

バトルシーン最高にかっこよくて、海神ライダーの完全勝利に拍手!!!

公子vs美女

そこからは公子と美女の出会い→2人の関係性はどんどん深化。

より歌舞伎的な世界観へ…

美女の化身、白蛇と化した麗羅リコ氏の広い舞台で1人きり全身を使った迫力のダンス。

ああああ、リコ氏にはいつも感動をもらいます。セリ下がりの最後の最後まで美しい。

そして、美女の故郷のシーンで待ってました!緋波さま登場!

初見ではひー様…登場時間短い…( ;∀;)と思いましたが、改めて検証すればこれは緋波さんじゃないと!というお役。

怒涛の2人の世界へ

桐生公子のセリフの美しさ…れいちゃんとのがっぷり四つ感。

初日→2日目でより重要なセリフを際立たせ、テーマを明確化する桐生さんの心意気に完全降伏です。

また、今回楽曲がステキなので、ボルテージがどんどん上がりクライマックス感がすごい!

ラストは『これは!和製エリザベート!』と思うような濃密な2人だけの世界へ。

桐生公子と城月美女が繰り返す『貴方…』という歌詞。

言われたい言われたい言われたい( ;∀;)

そして最後の最後で、ずっと『貴方』と歌っていた桐生さんが放つ『お前』というセリフ…( ;∀;)

ぎゅん…

バックで踊り狂う上級生さんたちの生命力あふれる躍動感が相乗効果で場面を盛り上げて…

衣装、舞台セット、小道具、楽曲…充実した夏にぴったりのお芝居

今回会場に小さなお子様がいつもより多くいらっしゃったのも納得の目に楽しい作品でした♪

まさに夏にぴったりの清涼感のある空間を体験できると思います(*’▽’)

うん、ほんとに楽曲が良かったな。

そして花道、盆、セリ…舞台の使い方がとっても良かったかなと思います。

明と暗、愛と死、憎しみと慈愛…極端に思える要素が展開していく流れは個人的にとても好きでした。

うん、やっぱりやっぱり…桐生さんには…れいちゃんだな…。

 - OSK観劇レポ , ,

記事下

記事下

  関連記事