アロハの桜咲く国

OSK日本歌劇団を全力応援!

*

【全ツ・稽古場レポ】(雪)『哀しみのコルドバ』

   

出演者

(レポーター)千風カレン

早霧せいな、透真かずき、永久輝せあ

お稽古場の様子について

(永久輝):プロローグの闘牛士の振りとかで特徴のあるこういう(実演)、こういう。すごい血が騒いで楽しいです。闘牛士の役ではないので、そういう時しかそういうことはできないので。スペイン人楽しいです。

(早霧):ザックリ来たね。スペイン人。

(透真):作品自体もすごい名作ですし、私は特に曲がすごい好きで、プロローグとか最後の闘牛のシーンのところで流れるギターの音楽が。ドゥルルルルっていう後ろのギターとそこからちょっと入ってくるじゃないですか。それがスペイン人じゃないですけど、血がすごい騒ぐというか、あの曲だけで鳥肌が立つ感じが好きですね。

(早霧):全国ツアーならではといいますか、通常の大劇場とは違ってメンバーが少なくなる分、ほんとに下級生までがみんなほとんど台詞もらってない?一番短いコで『バーン!』の人も…。そういう意味でみんなで作ってるっていう感じの作品だなっていうことを更に感じていて、やっぱり最初の出だしの夜会がね。全ツの意気込みを表すシーンだなって思ってるからね。ほんとに組長さんのみとさん以外の方はみんな出てて、そこでほんとに芝居のリズムを作る場面だから、みんなで作ってるって感じがして、私はねあそこがね、見せ場にしたいよ。

(千風):みんな頑張りましょう!頑張ります。

今回、再・再・再演目。4代目エリオ。

(千風):この間外から稲葉先生がご覧になってて、安寿先生の振付だったじゃないですか。そしたら稲葉先生が『あ、2代目と4代目。』っておしゃってて、歌舞伎か!みたいな。そういう伝統ある作品なんですけども。

(早霧):初代の峰先生とは前回の日本物のお芝居の振付をして頂いて、2代目のヤンさんには今回振りをつけていただいて、こんなに有り難いことはないと。エリオの血を直接…嬉しいなって思って振付を受けたけど。

(透真):振付の日に『本役さん』っておしゃってて。

(早霧):なんかね、新人公演を思い出すというか。

(千風):ほんとですね。見てて私たちもなんかドキドキする、ワクワクするみたいな。

物語について

(千風):どうですか?皆さんこのお話好きですか?

(早霧):大好き!

(千風):そうなんですよね!チギさん大好きなんですよね!

(早霧):大好きだから、大好きなのって、大好きだからこその壁ない?愛しすぎているから、そこの壁との戦いです、今。個人的にはね。

(透真):逆に私はこの作品に出演させて頂くってなるまで、見た事がなくてちゃんと。やっぱり大好きっておっしゃる方たちも多い作品なので、その方達の…チギさん筆頭に熱を感じるので、負けてられない!と思ってお稽古場で勉強させて頂いております。

スポンサーリンク

見どころについて

(永久輝):私は星乃あんりさんに求婚というか…求婚まではいかないんですけど、思いをそっと伝える場面があるんですけど…

(千風):あれはいつから好きなんですかね??

(永久輝):あれは初めて夜会でお会いした時から素敵な方だなと思ってるんですけど、(チギちゃんの)許嫁として紹介されるので…

(早霧):よくよく覗いてるの。どの場面も。

(永久輝):覗いてるんじゃないですよ!出くわしてしまうだけなんですよ!ロメロさんに。望海さん演じられるロメロさんの甥っ子なので、2人の仲を…後つけろって命じられてやってる部分もあります。

(千風):良い仕事してますよね、途中で。りーしゃも。

(透真):私も仲間がちょっといけない恋をしている時に、『旦那さんが来たからやめとけ!!』みたいなシーンが。祭りのナンバーの合間に。

(早霧):見せ所ね〜。(カレンちゃんと)一緒に出てるけどやっぱり終盤のほんとにこの作品の決定的な真実を突きつけられる場面があるんですけど、そこにカレンの演じている…エバのお母さんですよね?みとさんは私のお母さん役なんですけど、あそこやるだけでなんか、何とも言えない心の震えというか…

(千風):分かります!私途中で全然自分は何かをしてるわけじゃないんですけど、泣いちゃうんですよ。

(早霧):あのシーンを見てほんとに宝塚に入る前の私はすっごい衝撃で。まだ幼かった私にとっては超衝撃だったから、この衝撃をね、ある意味初めてみるお客様には味わってほしいんですよね。(カメラ目線で)衝撃を味わっていただきたい!

(千風):全国の受験生のみんな、衝撃を受けてください。お願いします。

作品への意気込み

(永久輝):フェリーペ・マルティンという役は他の闘牛士の方とは違って、冷静でいつも周りを第三者の立場から見ているような役なので、スペイン人の血は忘れず、もうちょっと違う立場の人間であるということを色濃く出せるように頑張りたいと思います。

(透真):私は若い闘牛士のメンバーの一員の役なんですけども、その闘牛士たちというくくりだけではなくて、その1人1人がちゃんと人生を生きれて、エリオさんや彩風咲奈ちゃんが演じてるビセントの役とは違った、影の部分じゃない方を見せれればいいなと思っております。

(早霧):相手役のゆうみちゃん演じるエバとの愛はもちろんなんですが、家族愛だったり子弟愛だったり友情など、たくさんの愛が詰まった作品なので、その愛を惜しまず出していけたらなと思っております。皆さん楽しみにしていてください。


…ちぎちゃん、ひとこはもちろんのこと…りーしゃ!りーしゃ!なんぞ、その髪型最強!!!!ギャーギャーギャー

 - 毎日のタカニュラインナップと感想メモ , , , , , ,

記事下

記事下

Message

  関連記事