ヅカテレビ

【タカラヅカスカイステージ】平日放映の「タカラヅカニュース」の感想、観劇メモ、おふざけヅカ企画などまったりとお届け

*

【観劇】雪組『ルパン三世/ファンシー・ガイ!』

   

poster (10)

雪組東京宝塚劇場公演『ルパン三世/ファンシー・ガイ!』観てきたので、観劇メモです。年明けに宝塚大劇場で1度観劇して、東京では初めて観ます。ともみん、ほたて、るりちゃんの退団公演、もっともっと観たいけれど、どうにもチケットが入手できそうもなく、今回がラストの観劇になってしまいそうです・・・

劇場に入ると雛人形が。そういえば雛祭りも、もう来週なんですね!・・・劇場のエスカレーターでカフェブレイクで司会をされてる中井アナを発見!美しい・・・

IMG_2296

『ルパン三世』感想

咲ちゃんがかっこよくて、翔くんがかわいい

次元役の咲ちゃんの男っぷりには大劇場で観劇した際にも感動しましたが、今回もすごくポージングなどにこだわりを感じて「研究してるな~」と感心しました。ハットの押さえ方、煙草の持ち方、銃を回す仕草。全てしっかりと身体に馴染んで自然に見えました。一方、五エ門の翔くん、ひたすら可愛い。1人だけ和装というのもあるけど、華のある役者さんなので、目立つ動きをしなくても自然と目で追ってしまいました。斬鉄剣の扱いも慣れたもの!『またつまらぬものを切ってしまった・・・』の決め台詞はバッチリうけてました。

やっぱり ともみん×まなはる×ほたて トリオに涙・・・

「これが見納めかも・・・」という思いで銭形警部をずっと追っていましたが、やっぱり最後のシトワイアン銭形のくだりは感動。銭形・・・8年間も頑張るってどんだけルパン愛してるんだ!そして出会ってすぐに銭形警部を信じて行動を共にするまなはる&ほたてのピュア具合ったら!アニメの時は正直ちょっとうるさいオジサンとしか思っていなかった銭形警部がこんなにも愛おしく思えるなんて・・・。やっぱりともみんはすごい!

・・・アドリブちょっとよく分からなかった・・・

カリオストロ伯爵に対してちぎちゃんが振ったのが、カリオストログッズの紹介???なのかな??ちょっと良く分からなかった~!!!ちなみにがおりロベスピエールがルパンの銃で撃たれる(空砲でお花が出る)時のアドリブもちょっとよく分からなかった・・・残念だ・・・自分が不甲斐ない・・・

ちぎみゆの芝居心にバンザイ!

大劇場で観た時よりも更に更に本物感の増したちぎルパン!ここまで肩の力を抜いてルパンに成りきれるのは流石ちぎちゃん!舞台度胸が素晴らしい。そして対するゆうみちゃんのマリーちゃんもどんどん可愛らしさを増して。やっぱり監獄内のお芝居が素敵です。自分をまだ慕ってくれるまなはる&ほたてに掛ける声がとにかくとにかく優しくて・・・声質が良いってなんて素晴らしい素質でしょうか!

もういつでもトップになれるのでは?だいもんに死角なし

なんだか本当に優等生というか・・・(あ、若干アドリブ苦手な感じくらい?)歌声もオーラも言うことなしで。いやあ、特に歌唱は今宝塚男役スターの中で1位なのではないかと・・・(みっちゃんも上手だけど声量コントロールなど総合的に見て)なんかずっとすごいな~すごいな~と思って観ちゃいました。

やっぱりせしこ姐さんはすごいんだ

最初に大劇場で観た時は、もうちょっと髪型ふんわりが不二子ちゃんぽいな~と思ったせしこ姐さんでしたが、やっぱり素晴らしく魅力的でした。特にルパンと一緒に立ち回るシーン、元男役の身体の使い方が存分に生かされて、ちゃんとカッコイイ!女性が見ても愛らしくキュートな女性をちゃんと体現できるところがすごい!

くらっち可愛いくらっち可愛い

伯爵令嬢でのアンナ役がとても印象的だったくらっち。大人っぽい顔立ちかなと思いきや、初々しい表情もすごくナチュラルで可愛い。顔が小さくてスタイルがいいのでお衣装が映えますね~。うん、とにかく表情が豊かで自然なところがすごく生き生きとしていて舞台をより彩り豊かにしていたように思います。舞台での居方が上手なので、これからの活躍が楽しみ!

スポンサーリンク

『ファンシー・ガイ!』感想

ファンシーの意味を考える

実は大劇場で観たとき、お芝居『ルパン三世』の印象が強すぎて、あまりピンとこなかった『ファンシー・ガイ!』。がしかし。ファンシーの意味を考えて・・・『クール、スタイリッシュ』・・・『あ、小粋??』と思いながら観ていると、確かに小粋かもしれない。分かりやすいハデハデしさはないけど、実は硬派でよく練られたかっこよさが漂うショーなんだな!と気づきました。

がおりに漂う気品

将校の場面や、オペラの場面でついつい追ってしまうのががおり。黒髪で目立つというのもあるんですが、伏し目がちでポーズをとった時の表情に何ともいえない気品と優しさ、お兄さんらしさみたいなものを感じるのです・・・あんなに面白いのに・・・かっこよくて気品があるなんて・・・がおり・・・

今回はちゃんと観れた!まなはる×ひとこ

将校のシーンで2組いるという噂の男役×男役カップル、初回観劇時は翔くん×かり君に釘付けになっていましたが、今回ちゃんと!まなはる×ひとこペアを確認するのに成功!なんかまたこの若干の学年差と全然タイプの違う感じがまたね・・・更にゴクリ・・・。踊ってない時もまなはるがグッとひとこを引き寄せ、耳元でなんか囁いたりしとる・・・。もうこのシーンはほんとにどこ見ていいんだか!!!!またね~サスペンダーってのがね~

That’s Lifeのともみんで泣いてしまう・・・

前回観劇時の涙腺決壊はともみん×だいもんの『Time to Say Good-bye』だったのですが、今回は手前のThat’s Lifeで・・・。あんまりともみんが眩しい笑顔で踊るので・・・。太陽だな、本当に太陽のような人だ。セクシーでダンディーなともみんも好きだけど、やっぱり明るい笑顔でキラキラ踊っているともみんが大好きです。

そして黒燕尾。大階段のともみんと。ほたてと。

ちぎちゃんの真後ろから降りてくるともみん。ここの振付すばらしい・・・さすがANJU先生!誰より長い手足を広げて1つ1つのポーズを丁寧に決めていくともみん。芸術作品みたいだなとほんと思いました。そして大階段降りた後、センターでちぎちゃん&ともみんと共に踊るほたて。『同期DE以心伝心』のコーナーで、黒燕尾の振付のとき、ちぎちゃん、ともみんに続いて自分の名前が呼ばれた際、聞き間違いだと思ったというエピソードを聞いたのもあって、尚更感動してしまいました。正直、ほたてに関しては未だに「なんでなんで辞めちゃうの~!!!!!」っていう想いが捨てきれていなくて。でも凛とした迷いのない表情にすごく説得力を感じました。

新生雪組

ともみんの温かいエトワールと、パレードの93期の3人並びにまた涙して。最後に降りてくるちぎちゃんの可愛い羽根を見て。また時代が1つ移っていくんだなと実感しました。寂しい気持ちは拭いきれないけど、今本当に1つにまとまって同じ方向を見てるのが伝わってくる雪組の新しい幕開けは、希望に満ちてるなあと改めて思った公演でした。

 - 観劇メモ(宝塚、歌舞伎、ミュージカルetc) , , ,

記事下

記事下

Comment

  1. 【电话:13730611991 QQ 517883703】成都信用卡套现,成都信用卡取现,成都信用卡代还,专业服务成都信用卡套现,成都信用卡取现,成都信用卡代还,专业服务,成都信用卡

Message

  関連記事