アロハの桜咲く国

OSK日本歌劇団を全力応援!

*

【キャトルdeトーク】(月)凪七瑠海・美弥るりか Part.1

   

出演者

(月組)凪七瑠海、美弥るりか

(レポーター)貴千碧、咲希あかね

ご挨拶

(凪七):今は公演中なんですけれども、私は今日朝から久々にキャトルレーヴに来れるのも、このメンバーでお仕事できるのもすごく楽しみにしてました。よろしくお願いします。

(美弥):私も今日は久しぶりにキャトルレーヴに来たので、なんだか全然雰囲気違うのですごくワクワクしています。今日はよろしくお願いします。

(貴千):私はこの日をほんとに楽しみにしておりました。ずっと言ってたんですけど。

(美弥):私も今日何買うかすごい考えてきた。前もって。すごい準備してきた。

お芝居『舞音』について

舞音

(凪七):『舞音』の方はすごく一応ミュージカルってついてるけれども、バーンって見せる派手ないわゆるミュージカルというよりかは、すごく繊細なお芝居なので、その中で日々色々とお客様の空気を感じたりとか…すごく繊細なところで色々な物事を感じるみたいな。

(美弥):特に前回が『1789』とかガンガン攻める感じでやってきたから、急にすごくシンプルに衣装も装置も音楽もすごくシンプルに最小限のものだけで、自分たちの力だけで勝負するみたいな芝居だから、なんか毎日がすごく新鮮だったりとか。

(凪七):その日によってみんなのテンションだったりとか、お客様のテンションだったり、オケの方のテンションだったりが…

(美弥):すごいやり甲斐があるというかね。

(貴千):アルトワさんの要素1個もないですもんね、今回。

(美弥):そうだね。封印いたしました。一瞬ちょっと睨む瞬間があるんですけど。カロリーヌと一瞬幸せそうにするわけ。自分の心に嘘ついてちょっとダンスしそうになるから、アン!?って思って睨む瞬間は一瞬あの時代を思い出しちゃう。睨み慣れてるというか。媚薬の時代の睨みがサっと出てきちゃう。

チラチラ視界に入る美弥ちゃん

(凪七):(美弥ちゃんが)ほんとは見えちゃいけないはずなんだけど、チラチラとね、視界に入ってくるんだよね。

(美弥):特に登場で、『シャルル、こっちだ!』って言って迎えにくるの。クリストフが。それで、私もシャルルだからハって一緒に立ち上がるの。でも私は自転車カゴがすごい目の前にもりもりあって。ハってやったところでこれ(目線ぐらい)ぐらいなの。無理矢理顔出して『カチャー!』ってやるんだけど…

(凪七):その後1人でベトナムの町の堪能してるでしょ。視界にいるよ。

(美弥):理性と感情っていう歌を2回歌うじゃない。それがまた1回目のクリストフのカチカチの理性が、2回目はちょっと…

(凪七):揺れ動いて揺れ動いて…自分でも感情がバーンってなってしまう…

(美弥):同じ曲でもあんなに表現が違うっていうのが、私もあの場面好きでね、すごいよく見ちゃうの。

(凪七):知ってる。袖にいるの。

(美弥):あ。ほんと?ごめんね。

(凪七):またこんなところでもすごい視界に入って!と思って。

(美弥):花道から見ると新人公演の子とか勉強したいっていう若い子達に見てほしいから、自分はまあどっからでも見れるかなと思って、すっごい袖から…

(凪七):カロリーヌ見ようとしたらその延長線上に『あれ〜!?』。

(咲希):カロリーヌかもしれない…

(美弥):そう。『愛の姿は〜♩(アイドルっぽく歌いだす)』急にこう歌いたくなる歌の時でしょ。あの曲いいよね。

(凪七):ほんとに今回曲が素晴らしいよね。

大石先生の振付について

(美弥):一緒に踊ってるけどどう?

(咲希):なんかキラキラして。いつもと全然ちがくて。

(美弥):今回大石先生に私たち(美弥ちゃん&ちゅーちゃん)は沢山振り付けて頂いたんですけど、すごい曲と歌詞とピッタリって感じなんだよね。やってすごい気持ちいい。ハマるとすっごく気持ち良くて。

(凪七):元々バレエの先生だもんね。

(美弥):最初レッスンみたいのがあってワークショップみたいの。なぜか私もその時水の精のダンスを踊ったんですけど。それこそシンプルすぎて隙が見えてしまうとすごく恐ろしいところだよね。

(咲希):初め歩き方からやったんだけど、スって歩くみたいなの、それを一緒に(美弥ちゃんが)やってくださって。

(美弥):精神的なものがすごく左右するよね。シンプルすぎて。だから気持ちがブレてると身体もブレるし。(まんちゃんに)自分も芝居の話した方がいいって。

楽屋待機時間の長いまんちゃんと汗だく美弥ちゃん

(貴千):私ほんとに開演して30分出ないので、ソンのトシさんとイボンヌのさち花と3人でいて。

(美弥):でもどう?ああいうピリっとした芝居はさ。緊張感あるよね?

(貴千):マギーさんがすごいので。『調べろ!』とか言われると『はいっつっつっつっ』ってなる。迫力がすごい。ついていこう!って感じでやってます。

(美弥):美弥さんなんて開演15分後に汗かいてるから。

(凪七):早く!次セリ上がるんでしょ!

(美弥):その後ずっと急に踊るから、身体がビックリしちゃって。

スポンサーリンク

ショー『GOLDEN JAZZ』について

客席参加型!

(貴千):タンバリン…シャンシャンシャンシャンいってますね。

(咲希望):なんかあれシュシュ幕と鳴らなくていいみたいですよ。タンバリンの周りにシュシュを巻くとならないから常に入れてても大丈夫。

(美弥):じゃあ『舞音』でウウウウッて泣いててもシャンシャンって鳴らない。

(咲希):煌月爽矢さんがやってくださったNGバージョンにならないんです。

(美弥):ダンスしてくれてる人いる?

(貴千):日に日に増えていらっしゃいますよね。

(咲希):(カチャ&美弥ちゃんに)後ろの方まで行かれて。客席降り。

(美弥):そう。あんな後ろ行くの初めてだよね。

(凪七):だからあんななだらかな坂なのに、すっごい急な坂に感じるの。

(美弥):しかも途中からハイタッチというかね、お客様手を出してくださるから、それをやってると、もうかなり息切れしちゃった後の坂がしんどくて途中で歩き出すっていう。

(凪七):あと新しい裸足も。アフリカン。

(貴千):一向に慣れません。長い6分半です。

いたって真面目なカチャ

(美弥):その前にふざけてさ。

(凪七):あれふざけてないよ、真剣だって。いたって真剣だから、ほんとに。全然ふざけてないから。いたって真剣だよ。

(美弥):なんかミラージュがジャーンって終わるじゃない。みんなちょっと陶酔してかっこつけて終わるわけですよ。そしたらね『はー!』とか言って出てきてね。Go to the なんとかって言うじゃない。あの声がさ、その後私たち猛ダッシュで着替えてるわけ。あの時のカチャののんきな声がね。もう〜!!楽しそうだな、オイ!みたいな。

(凪七):出る前ほんとに胸が痛いんだから。心が折れそうで。私とかゆりちゃんはまだ平気なの。2発目3発目だから。1発目の退団者のゆうきがね、いつもこうやって(深呼吸)。ミラージュ終わった後。結構真剣な顔してるの、あの子。

(貴千):あのゆうきが!

(美弥):でもすごいやり甲斐があるというか、お客様がすごく楽しんでくださってるのがね、タンバリンの音と共にすごく伝わるから。

(凪七):やっぱりジャズってね、心踊るというか。リズムの取り方は色々と難しいところいっぱいあったけれども。

さあ、キャトルです!

(貴千):私梅田店庭でした。キャトルレーヴ梅田店。

(美弥):私有楽町店。

(凪七):私も。

(咲希):私もそっちです。

(貴千):何?都会だな…

懐かしの商品について

(美弥):ポスターがぎゅってなったパウチされたカードあったじゃん。今もあるんだ!あれ集めるの大好き!(コレクションカード)あれをさ、見れなかった公演も買いたいのよね。しかも値段的にはまだ若い私達には買える値段だったの。

(貴千):学校の定期とかのあれに入れましたよね〜

(咲希):文字とかもすっごい小ちゃくなっててね…

(美弥):すっごい見るんだよね。なんで今思うとポスターじゃなくて、それを買ったんだろうね。

(凪七):やっぱりこう常に持ち歩けるからじゃない。

(貴千):持ち歩けるの重要ですよね。

(美弥):やっぱりいっぱい買ったのはスチールかな。舞台写真。

(貴千):私すっごい持ってましたし、あとメモ帳とかもすっごい持ってました。あとポストカード。

(美弥):なんかこうやってファイル作るのすっごい楽しくなかった?公演順に並べたりして。しかも昔の見れなかった時代のとかも予約とかしてさ、取り寄せてさ、それを手前にいれたいから、結局全部抜いてまた全部入れないといけないっていう。

(凪七):あと日本物と洋物で分けたりしてた。主題歌集?

(美弥):あとスターさんが退団された時のサヨナラCD。何回聞いても号泣してた。サヨナラショーも全部入ってるヤツ。

(貴千):私は天海祐希さんの持ってます。

(美弥):私は涼風真世さんのやつですね。涼風さんとPUCKがトークしてるわけ。『僕はPUCK』っていう人とかなめさんが自分としてしゃべる人がちゃんと会話になって『じゃあ次の曲行ってみよう!』みたいな。

(凪七):すごいね、それ。

こういう商品あったらよかったな

(凪七):実用的なものだったら健康グッズとか。

(咲希):それはカチャピーが欲しいだけでしょ?

(凪七):ゴムのとかあるじゃない。それでCDとかもこの辺で流して『タカラジェンヌはこれを使ってま〜す♩』とか言ってかわいい子達がストレッチするの。『美BODYで〜す♪』って。

(美弥):実際何にもしてないじゃん。

(凪七):…何にもしてない。

(美弥):だからそれじゃ嘘だよ。(実際にやってる)貴千がオリジナルのなわとび出せばいいよ。これで貴方も貴千BODY。やっぱり男役さんがプロデュースしてるのばっかりでしょ、だからさ娘役さんが髪型とかすごいじゃん。だから髪型アレンジ集とか出したら?

(凪七):それすごくいい。

(イエーイと美弥ちゃんみんなとハイタッチ)

(美弥):シュシュつけるの、おまけで。1から行程で。たまにグラフとかであるけどさ。それをもっと本にしちゃうの。

(咲希):お客さんがみんな可愛い髪型して、男役さんの前に来て。

(凪七):今日YOU可愛いね!って。

(貴千):早速、キャトルレーヴにいますので、お2人がチョイスして頂いて。お買い物行きましょう!

…Part.2に続く


…あ~やっぱカチャと美弥ちゃんのトーク癒される。カチャの小芝居と美弥ちゃんの熱弁とたまに入るまんちゃんのコメントがもう…貴千オリジナルなわとび出たら私買いますよ。

 - 毎日のタカニュラインナップと感想メモ , , , ,

記事下

記事下

Comment

  1. nba より:

    The material is rather useful

  2. csgo skins より:

    Hello, great websites you’ve got at this time there

  3. Absolutely the most awesome seller!! Thanks for the super fast shipping!!

  4. 【电话:13730611991 QQ 517883703】成都信用卡套现,成都信用卡取现,成都信用卡代还,专业服务成都信用卡套现,成都信用卡取现,成都信用卡代还,专业服务,成都信用卡

Message

  関連記事